音楽の同人活動を黒字にする5つのポイント

販売以外の支出を抑える

音楽系の同人活動で赤字にお悩みではないでしょうか。私もボーカロイド音楽で本格的に活動をしていた時期はお金の管理に悩みました。

赤字ではせっかくの活動も長続きできませんよね。

そこで音楽同人活動を黒字にするポイントを5つご紹介します。正しいお金の管理は社会人での考え方にもつながります。非常に勉強になりますので、必ず実践しましょう。

1.会場までの運搬費を抑える

赤いトラック

大きいイベントは東京・福岡・大阪・愛知・北海道で開催されます。地方在中の場合、そこまでのCD運送費が大きな金額になります。

岐阜→東京 重さ10キロ サイズ160cmの場合、1,836円になります。売れ残りの配送も考えておよそ3,000円の出費になります。年間で3回イベントに参加するのなら約1万円の出費。

それよりも大型のスーツケースを購入し、自分で手運びしましょう。他の荷物も一緒に入りますのでスペース作りにも役立ちます。

2.交通・宿泊費の最安値を探す

交通・宿泊費は同人活動でもっとも無駄な出費です。合計で3万円の出費とすれば、30枚もCDを売らないと還元できないためです。

  • 新幹線をぷらっとこだまにする
  • 新幹線+ホテルセットのプランを予約
  • 青春18切符で移動

これだけで半額近くまで節約できます。観光目的とCD販売は共通の目的にしてはいけません。イベント参加時は同人活動だけに専念しましょう。

3.活動をブログで紹介し、ブログで副収入を得る

ノートパソコン

自身の同人活動をどのように発信していますか?

ツイッターやSNSでの発信よりブログをオススメします。ブログはそれまでの更新に対しても検索結果が残ります。長期間の活動であれば毎日200~300アクセスを稼ぐことが難しくありません。

そのブログに広告を貼れば1日100円の収入を得られます。年間で約35,000円の収入になります。これを同人活動費に充てれば、交通費・宿泊費の一部をまかなえるようになります。

4.販売できる数以上に製品を作らない

CDは300枚・500枚・1,000枚で1枚当たりの作成単価が変わります。300枚と1,000枚でも5万円前後しか値段が変わらないんですよね。お得!と思って大量に作ってしまいがちです。

過去のCDが売れ続けるケースはほとんどありません

販売予定数より少ない程度で作ると無駄がありません。在庫を持つのではなく、売り切れる量を作りましょう。

5.ダウンロード販売を行う

CD販売と平行してダウンロード販売も行いましょう。ダウンロード販売は売れただけお得です。イベント参加費も運送費も宿泊費も必要ありません。

ダウンロード販売専用の楽曲を作る。音楽素材を作るなどして、活動の幅を広げていきましょう。

まとめ

私は10年近く活動を続けています。本腰を入れず、ゆるく活動することで無理をせず活動を楽しむことができます。

同人活動はメジャーと違い自由を楽しめます。赤字になり過ぎない程度で楽しむことが長続きのコツですよ。長く活動していれば顔見知りや友人が増えてきます。その人間関係が何よりの報酬なのですから。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)